本革バッグ補修

本革バッグ補修

本革バッグの補修です。経年による擦れや色褪せ、特に表面のうろこ状の模様が劣化し、触ると広範囲でポロポロと剥がれ落ちる状態でした。一度、表面の古い表皮を丁寧にサンディングし、下地を整え、革専用の粘り強くて柔らかいベース剤を擦りこんで、上からスプレーガンで調色塗装しました。肌触りの再現が難しかったのですが、周囲のオリジナル模様と合わせるようにシボ模様をスプレーガンで再現して、最後に艶を合わせて仕上げました。うろこ状の模様を完全には再現できませんでしたが、周囲の模様の雰囲気と合わせる感じにしたところ、お客様から大変喜ばれました。

本革バッグ補修:Before After

Before

befor

After

after