車内装のリペア(施工例)

修理範囲

車の内装修理の対象は、ダッシュボードからステアリング修理と幅広く対応しています。事前にご予約頂ければ即日の仕上げも可能です(※事前に当日仕上げが可能と確認がとれている場合に限ります)。またタバコの焦げ痕の補修なら施工時間は数時間程度です。 また、革を使用した製品(バッグやカバン、財布、ソファーなど)も補修が可能です。詳しくはトータルリペア・クロダまでご連絡ください。

ダッシュボード・ドア内張

ダッシュボードについたキズを補修します。プラスチック・本革・合皮・ビニールレザーの素材に対応することが可能です。 現在主流のダッシュボードには修理による対応が可能です。同様の材質のドア内張も補修が可能です。

ステアリング

経年劣化や爪の引っかき傷などで意外とダメージを受けやすいステアリングも修理いたします。トータルリペアのステアリング修理なら傷も目立たなくさせることが可能です。

レザーシート

高級感があるレザーシートの修理も可能です。ちょっとしたことで傷になってしまうレザーシートの修理もトータルリペアにお任せください。もちろんタバコの焼け焦げにも 対応しています。目地まで再現が可能となっています。

ファブリックシート・マット

たばこの焦げ穴などを、ファブリックシートやマットに開けてしまうことがあります。モケット生地に専用ファイバーを埋めることで、穴を目立たなくすることができます。

革製品

本革や合皮などを材料とした製品であれば、補修は可能です。お客様の思い入れのあるバッグやカバン、財布、ソファーなど、施工させて頂きます。(事前に施工可能かどうか確認させて頂いたうえで施工致します)

インテリアリペアとは?

インテリアリペアとは、主に車の内装のリペアのことです。
ダッシュボードやシート、樹脂製品についてしまった傷やたばこの焦げ穴などを補修して目立たせなくさせる為のサービスです。

こんな時にインテリアリペア!

☑ダッシュボードの傷、付属品装着痕、色あせ
☑ステアリングの擦れ、劣化、色あせ
☑内張りの傷、擦れ
☑フロアカーペットの擦れ、破れ
☑シートの劣化、ひび割れ、擦れ、色あせ、焦げ穴

など、どんなことでも一度ご相談下さい!

法人様へ

インテリアリペアは、傷をついた車の内装を素早く修復します。ダッシュボード傷からステアリング、モケットやレザーのシートなどの修理が可能です。 現在、高級中古車を取り扱うディーラー様など多数お取引させて頂いております。

個人様へ

自動車の内装を綺麗にしたくてもパーツが無いノスタルジックカー愛好者の方も、ご利用いただけます。気になっていたタバコの焼け焦げ穴や劣化によるレザーシートの傷み、モケットシートのほつれなどにも対応致します。

施工実績

樹脂部の欠け・べたつき補修

ドア内張のスイッチ類のパネルが経年劣化でかなりベタベタとしており、ヨーロッパ社によく見られる現象でした。また、表面の塗装が一部剥げていましたので、今回はベタついている古い塗装を全部取り除き、再度オリジナルの色に合わせて塗装しなおしました。手触りもベタ付きがなくなり、新品のような仕上がりになりました。ベタついてもあきらめずにご相談くださいませ。

本革シートのバイピングリペア

本革シートのバイピング補修です。長年のご使用によって、シート乗り降りの際にバイピングが擦れて、中の芯がむき出しになっていました。接着剤で固めると柔軟性がなくすぐに割れてしまうかもしれないので、芯を柔軟性のある素材で包み、成形してオリジナルの色に調色して塗装しました。バイピング以外の部位は劣化が少なかったので、シワの除去と再塗装で綺麗になりました。今回はいわゆる旧車に近いヨーロッパ車でしたので、交換部品もなくリペアの相談を頂いた次第です。ご依頼主様は本革の張り直し依頼しかないかも・・・と考えておられたらしく、リペアで安くこんなに綺麗になって頼んでよかったとお喜びでした。まずはご相談をいただいて今回の施工ができたこと、私も嬉しいです!

シートのたばこの焦げ穴補修

ファブリックシートのたばこの焦げ穴補修です。様々な色合いのファイバーを調色し、周囲の雰囲気になじむように焦げ穴に埋めていきます。どんなに小さい焦げ穴でも、やはり気になって目につくものです。思い切って依頼してよかったと、ご依頼者様も喜んでおられました。ありがとうございました。

ドア内張の補修

ドア内張の補修です。経年の使い込みで、取手のところがかなり擦れていました。今回はプラスチック材質の未塗装樹脂部でしたが、劣化部分を削って除去し、塗装部材でオリジナル色に調色後、シボ模様を付けながら塗装しました。新品同様の雰囲気まで仕上がり、ご依頼者様から喜んで頂けました。ありがとうございました。

ステアリング補修

本革ステアリングの補修です。革部のところのほとんどが擦れていました。幸い破れ等はなく、擦れた部分を削って、専用パテで埋めて、塗料を調色して塗装しました。仕上がりはマットな雰囲気にしてほしいとのことで、艶を消すように調整して終了です。劣化が進むとそれだけ補修の内容が面倒になり費用もかかりますが、この程度の劣化であれば比較的安価に仕上げることができます。補修は早ければ早いほど簡単に施工できますので、いつまでもそのままにしないで早めのご依頼・ご相談を頂けますようお願い申し上げます。

ステアリング補修

ステアリングの革が破けていました。指が良く当たる所が擦れてかなりの範囲で、下地が剥き出ていました。これ以上剥げないように下地を整え、本革用の強くて「柔らかい」ベース剤を擦りこんで、上からスプレーガンで調色塗装し、指触りというか肌触りを周囲のオリジナルと合わせるようにシボ模様を再現、最後に艶を合わせて仕上げました。これからも永くお使いください。

ダッシュボード補修

BMWアルピナE30、30年前のお車ですが、ダッシュボード中央にボードを縦断するヒビがありました。幸いにも下層ウレタンの部分は完全に分断せず何とかつながっていたので、ウレタンの割れた部分に専用の中粘度接着剤を染み込ませて補強し、表層のプラスチックに柔軟性のある接着剤を埋めて、面だし後、調色した塗膜をスプレーガンで塗装し、オリジナルのシボ模様を丁寧に再現しました。お客様からは、「こんなに奇麗に直るの!?」とびっくりされました。車自身も嬉しいって思ってるかなぁ。

本革シート補修

本革シートの補修です。破れはありませんでしたが、経年使用による大きなシワがシート側面にありました。シワを目立たないようにしてほしいとのご依頼で、古い表皮を丁寧にサンディングし、下地を整えシワを埋めて、革用の強くて柔らかいベース剤を擦りこんで、上からスプレーガンで調色塗装し、指触りを周囲のオリジナルと合わせるようにシボ模様を再現後、最後に艶を合わせて仕上げました。シワを完全になくすことも可能でしたが、周囲の雰囲気と合わせる感じで若干の使用感をだしています。

本革シート補修

本革シート補修です。座面と背もたれの端が乗り降りのために擦れて傷んでいましたので、その部分だけの施工でした。シワや擦れを丁寧にサンディングして滑らかにし、オリジナルの色に合わせて塗装しました。今回は赤色ですが、赤色自体染まりにくく色合わせは下地の色次第です。下地の色が異なれば、いくら赤色を重ねても違う色になってしまいます。違和感のないように慎重に下地の色を決めてから赤を塗装しました。お客様から、こんなに綺麗になるなら今度助手席の方も施工をお願いしますとおっしゃっていただきました。是非ぜひご依頼をお待ちしております。

 

樹脂部の補修

ドアサイドの未塗装樹脂の劣化補修です。経年劣化で樹脂の表面がザラザラになっていたのですが、ペーパーで綺麗に慣らして再塗装しました。艶はマットな仕上がりに。このような樹脂部のリペアが可能です。バンパーの樹脂部なども擦れたり劣化していれば、リペアすることができます。

本革バッグ補修

本革バッグの補修です。経年による擦れや色褪せがありました。お客様のご依頼で、艶のある仕上がりにしてほしいとのことで、オリジナルの色を再現するとともに、艶が出るように塗装を調整しました。使い慣れているので、どうしても直して使いたいというお気持ちに応えることができ、また、非常に仕上がりを喜んでいただき、リペア冥利に尽きます。これからも末永くご使用くださいませ。

本革バッグ補修

本革バッグの補修です。経年による擦れや色褪せ、特に表面のうろこ状の模様が劣化し、触ると広範囲でポロポロと剥がれ落ちる状態でした。一度、表面の古い表皮を丁寧にサンディングし、下地を整え、革専用の粘り強くて柔らかいベース剤を擦りこんで、上からスプレーガンで調色塗装しました。肌触りの再現が難しかったのですが、周囲のオリジナル模様と合わせるようにシボ模様をスプレーガンで再現して、最後に艶を合わせて仕上げました。うろこ状の模様を完全には再現できませんでしたが、周囲の模様の雰囲気と合わせる感じにしたところ、お客様から大変喜ばれました。

ヘッドライトクリーニング

ヘッドライトのくすみがありましたので、耐水ペーパーで丁寧にサンディングし、仕上げにクリアコーティングしました。これで光源も明るくなりました。